学校の消防設備点検で思うこと

今日は学校で消防設備の点検がありました。
安全上重要な作業なので毎年行われますが、
「非常放送・ベルの点検を行います」という放送を聞くと、
毎度、非常放送を怖く感じていた幼いころを思い出します。

今でこそ、そんなにおびえることはありませんが、
大きなサイレンに当時はびくびくしていたものです。
今でも、突然なったらきっとびっくりすることでしょう。
しかし、そうやって火事などを確実に伝えるのは、消防設備にとっては重要なことです。

もうすぐ東日本大震災から2年。
人類2012年滅亡説もはずれ、再び大地震の来る時期もわからなくなり
本気で防災も考えなければいけないのかなと
この記事を書いて、ふと思いました。
スポンサーサイト
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR