4月23日 赤れんが倉庫を見てきました

23日
所用で横浜に赴いた際、せっかくだからと赤れんが倉庫を見てきました。

港第一橋梁
汽車みちの港第一橋梁は、相変わらずの風格で管理人を待っていました。
レールが片方、残っているので、
列車復活しないかなといつも思ってしまいます。

水陸両用バス
ちなみに、今のみなとみらいは水陸両用バスなんかがありまして、
折角なので海にダイブする様子を動画にしてみました。

花と赤れんが倉庫
その後、赤れんが倉庫に向かいました。

赤レンガ倉庫2号館
先に2号館から見ておきます。
建設は大正2年で、この時代はまだまだレンガ造りが多かったのでしょうね。

柱と天井
中に入ってみますと、リベットが打ち込まれた柱と孤を描いた天井が目を引きます。

天井部
最上階の天井は結構高かったです。
やはり、こういった構造は、
背の高いものなども収納できるよう考慮したのでしょうか。

扉
ところどころ重厚な扉が残っています。
しかし、固定されて動かせなさそうな場所がほとんどです。
・・・まあ、見た目でかなり重い扉とわかるので、
下手に触ってけが人が出たら大変ですからね・・・。

1号館の天井部
続いて1号館に行ってみます。
こちらは明治44年にできたみたいです。
天井の鉄骨がコンクリートで固められているのが分かります。

床下展示品
床下に展示品を置いている場所もありました。
しかし、避雷針は現物がこうやってあるのに、実際に現在屋根に乗っているのは
レプリカみたいです。
エレベータ
1号館で一番見たかったのが、この現役当時から唯一残っている
エレベータです。
巻き上げ機も一緒に保存されていましたが、
雨ざらしで、内部の腐食が激く、ちょっと残念ですね。

バルコニー
再び2号館に戻り、バルコニーに出てみました。

東京駅旧架線柱風
で、バルコニーの柱のモチーフが、
以前東京駅にあった古い架線柱と似ている気がします。

赤れんが倉庫2号館
どちらもたっぷり堪能して、現地を後にしました。

神奈川県庁
その後も歴史ある建物を見てきました。
この建物が神奈川県庁で、

横浜市税関本館
こちらは税関の本館です。

JAグループ神奈川ビル
JAのビルには外観だけ残されています。
背後のオフィスビルを建てるためとはいえ、
外観だけの保存なのは寂しいところです。

と言う訳で、見てきたものを見ておきました。
古典建築撮影に火が付く可能性も・・・!?
スポンサーサイト

1月8日 初詣

仏殿
今年の初詣は8日に行きました。
管理人が年越しを大阪で過ごしていたので、
三が日も過ぎて露店も全くない、ガラガラの状態でした。

大祖堂
大祖堂は補修工事が終わって、屋根がきれいになっていました。
こちらにはそこそこ参拝の方がいました。

さらに、帰りに京急に乗ったら、貴重なドレミファ車両に出くわし
そこそこスタート的には良さげな1日でした。

10月16日 湘南ひまわり号の旅@大宮 その2

ひまわり号で大宮までやってきました。
さて、どこへ行くか、道路地図と近くの案内図を見てみます。

地図
比較的大宮公園が近いです。
氷川神社もあるので参拝もできます。
全員一致でこのルートを目指しました。

氷川神社参道
しばらく歩いて左折すると参道となるのですが、
美しいです!
そして長いです!
参道が商店街と化している鶴岡八幡宮などに比べると風情があります。
その代り歩くのが大変です。

氷川神社
やっと鳥居が見えてきました。
しかしこの先も結構長いです。

氷川神社
そして境内に到着しました。
七五三の時期なので親子連れで賑わっておりました。

氷川神社
木々も大きいです。
「都会の喧騒が嘘のように聞こえない」を
初めて意識した気がします。

で、氷川神社に大宮公園が隣接しておりますので、
そのまま大宮公園に行きます。

大宮公園
こちらも自然公園並みの環境です。
時間はお昼が近いので、食事どころも探しながら探検しております。

大宮公園
公園内での見どころは・・・。

博物館に行ってみることにしました。

大宮公園
途中に沼地もあります。
「昔谷間地形だった名残」って言われるとロマンを感じますね。

大宮公園
沼地の向こうには住宅が少しのぞきます。
建物が洋風だったこともあり、
若干、ヨーロッパの水辺みたいな雰囲気がありました。

博物館
で、博物館につきました。
昭和を模した広場に何気に丸ポストがあり、
埼玉県内の丸ポストがまあ1本しか撮れていなかった管理人にとっては
嬉しい収穫でした。

博物館は、歴史資料館となっており、
地理も好きな管理人は、興味深い内容でした。

博物館
ちなみに、管内は一部だけ写真撮影できる場所がありますが、
こちらは昭和の家具がたくさんありました。

そして博物館をでて、
近くにあった弓道場を眺めた後、
近くから聞こえる踏切の音を頼りに進みました。

60000系61606編成
東武野田線です。
帰りはこれ乗ります。

というわけで、お食事どころを探しに大宮公園駅周辺へ

・・・・!

大宮公園駅
なんということでしょう。
いつの間にか駅舎がモダンな新しいものに変わっていました!
以前訪れた時は、まだ味のあるレトロ駅舎でしたから。

ここで、近くに手打ちそば屋さんを発見し、ここでお食事しました。

8000系8159編成
その後、野田線に乗って大宮まで戻り、
お茶して観光タイムは終了です。

この後は全員無事に集まったので、
帰りのひまわり号に乗ります。

続く

1月10日 遅ればせながら初詣

1月10日に恒例の総持寺初詣に行きました。
例年でしたら1日に行くのですが、プラ太郎が年末年始関西遠征に行っていたので、
この日が初詣となりました。

総持寺
天気は晴れていて清々しいです。
今年もお仕事関連の願い事をしました。

総持寺
大祖堂はすっかり工事が完了し、凛凛しい姿をまた拝むことができました。
人が少なく、出見せもない境内は新鮮な感じがしました。
たまにはこういうのもいいですね。

10月18日 湘南ひまわり号で行く三島の旅 その2

駅を下りて、三島観光です。
班員の方の中には足腰の弱い方もいらっしゃいましたので、
あまり遠くには行かないというのが大前提でした。
すると、行き先は必然的に三島大社と楽寿園となったのでした。
まずは三島大社に向かいます。

道の間の大木
途中まで歩くと道が分かれてΔ場になっている場所の真ん中に大木があったりします。
これはなかなかご神木のように迫力があります。

楽寿園のポスト
途中で、市街地の中の公園である楽寿園の横を通ります。
何気に丸ポストがあります。

公園のポスト
しかも、その近くの公園にもう1本あります。
しかもこの公園、ところどころ「溶岩が露出しています」という
何だか怖い注意書きが・・・。
たしかに三島は場所的に富士山から小笠原諸島へ続くマグマ帯の真上ですね。

水が澄んでいます
その公園を過ぎると、水路と道路が並走しますが、
市街地なのに水が驚くほど透き通ってきれいなのです。
そのまま飲めそうだと思うぐらいです。
一緒に旅した班員の方によれば、山の方の柿田川からのわき水で、
現地はもっときれいだそうです。
市街地に公園ありきれいな水路ありで、三島は素敵な街ですね。

そうこうあるいていくと、三島大社に到着しました。
丁度七五三シーズンと重なっていたので、親子連れの方がたくさんおられました。
祭り?
七五三にちなんだ舞い?も見られました。

三島大社
そして三島大社です。
本殿の手前に別の建物がある当たり、鶴ヶ岡八幡宮のような・・・。
とりあえずこの日の旅が無事に進むように祈りました。

ここまで回ったところでお昼の時間帯となりました。
三島と言えばうなぎ!
近くのうなぎ料理屋でランチタイムとしました。
蒲焼を召し上がられた方もいましたが、さすがに管理人その他は財布的に・・・、
と思いましたがこんな料理もあったのです。

うなぎおにぎり
ずばり、蒲焼の入ったおにぎりです。ひとつ200円。
これはすばらしいです。とてもお気軽にうなぎを試食できます。
三島のソウルフードとしてもっと広まってほしいと思ったぐらいです。
というよりも、高級特産品をおにぎりに入れてお手頃価格で販売するっていう手法、
全国に広まっても良い気がします。

かけそば
こちらは管理人が注文した普通のかけそばです。おいしかったです。
結構太い麺です。

うなぎ飯のたいやき
さらに友達と割り勘でうなぎ飯のたいやきも頂きました。
こちらは確か300~500円ぐらいしたような・・・。
最初は普通にモナカに包まれているのかと思ってしまいましたが、
そんなことはありませんでしたね(笑)
おいしいランチを終えて次は楽寿園に向かいました。

班を示すプラカードを危うくお店に置き去りにしそうになったのはここだけの話です(苦笑)

楽寿園
楽寿園は本来は有料の公園ですが、
障害を持っている方の付き添いということで、
全員無料で入ることができました。
本当に駅前一等地とは思えないような光景です。

楽寿園
少し歩くと小浜池という大きなため池もあります。
日本庭園みたいですね。

C58-322
さらにちゃっかりSLまで置いてありました。
秩父鉄道のSLと同型の車両です。

三島駅
しばらく休憩ののち、楽寿園の北側から出ると、もうすぐそこが駅です。
新幹線の止まる駅のすぐ近くにこんな大自然があるのがすごいです。
そして三島駅も趣のある駅舎です。ちょっと大磯駅に似てる?

というわけで、三島観光は無事に回って終わることができました。
少し歩いてこれだけ面白い場所を見つけられると、もっと広範囲に足を運んでみたくなりますね。

ひとまずお土産を購入して全員揃ったところでホームにあがりました。

続く
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
名前 プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール

趣味+日常を出来事をつづるブログです。これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR