11月12日 赤羽-浦和 鳩浦線探索ツアー

天気に恵まれた12日、
管理人は、およそ1か月ぶりに送電線撮影に手を付けました。
しかし、今回の送電線は選んだ経緯が少々複雑です。
というのも、発端は鉄道の方で、「東北本線全駅撮影」を目指すにあたり、
「東北本線の駅を撮る」→「下車する機会はないか」→「鉄塔辿りに下車する」
→「12日は秋葉原いった後なので近隣で下車してたどれる送電線はないか」
→「赤羽駅で降りて鳩浦線」ということで、課題送電線でなかったにもかかわらず、
赤羽駅を撮影するためだけに選びました。

そして、赤羽駅から鳩浦線の起点である鳩ケ谷変電所へ

安行線2号 ないです
・・・そういえば、安行線、お亡くなりになったんですよね。
昭和34年製の武蔵野線スタイルながら66kV線も付けられる
珍しいタイプの鉄塔がありましたが、
低い2号鉄塔ともども、廃止となり、姿を消してしまいました。
時代の流れで寂しいものではありますが、
気を取り直して鳩浦線のもとへ!

美園線1号
そして、そびえていたのは美園線です。
この下段の66kV線が鳩浦線で、しばらく一緒に進みます。

美園線3号
都会の鉄塔のはずですが、鳩ケ谷変電所からわずか3基目で
もうこんな長閑な風景が・・・。

その後再び都会風景に入りますが、
同じ鳩ケ谷変電所につながる北鳩線と交差します。
北鳩線90号
北鳩線4回線と美園線+鳩浦線の計8回線を支える高い鉄塔で、紅白でないのに
高さが気になります。
残念ながら、札が道路から遠い位置にあり、確認できませんでした。

美園線8号
その後も、美園線は、比較的新しそうな住宅街などを進んでいきます。
この付近の美園線は、昭和50年代から平成の中ごろまでに建てられた鉄塔が多く、
かつてはJR武蔵野線交差付近に残っている旧型鉄塔と同じ形の鉄塔が
連なっていたのかもしれませんね。

美園線11号
なおも住宅街を進みます。
しかし夕方に差し掛かり始めていたので、ちょっと暗くなってきました。

美園線14号
そして、美園線は右へ堂々と別れていって、やっと鳩浦線は単独になりました。
厳密にいえば、「66kVで千葉へ行こうプロジェクト」をやっていたころにならって
「目的の送電線を併架している上段の送電線」も対象になるところですが、
関西での鉄塔撮影で妥協してしまってからは、あまりこだわりなくなっています。
最も、美園線に残る旧型鉄塔があるうちに、同線も撮ってみたいですが。

鳩浦線19号
鳩浦線独立最初の1基目は19号です。
美園線のここまでの番号(14基)と数が合わないですが、
恐らく一緒に建て替えられて番号が詰められたのだと思われます。

鳩浦線21号
結構住宅街ですよ鳩浦線。
夕日も手伝っていい感じに空が染まってきました。

京北線123号
そして京北線と交差します。
京北線撮影でこの鉄塔のそばを通った際、近くにあったスーパーから
引っ越し前の地元スーパーでしつこく流れていた音楽と同じものが流れていて
軽くふいたのを思い出しますね・・・。

鳩浦線23号
そしてなおも鳩浦線は住宅街を進んでいきます。
周辺はだんだん丘陵風景となってきます。

鳩浦線27号
建て替え鉄塔では、すごく根元が広がっている鉄塔があったり、
逆にしたの少しの部分だけ流用した嵩上げ鉄塔なんかもありました。
鳩浦線、短いわりに特徴的な鉄塔がありますね。

鳩浦線31号
そして、目標地点であった、芝川線との合流地点に到着しました。
合流手前の31号でジャンパー線取り外し分断・・・。
まあ、分かりますね。
分岐スタートしてかつ分岐合流する送電線は大体予備線状態です。
最近、予備線状態の送電線が次々廃線となっていますが、
新しそうな鉄塔もあったあたり、鳩浦線はしばらく残ってくれることを祈ります。

木崎線14号
最後に、芝川線を過ぎた先に続く木崎線の鉄塔を拝んで、
撮影は終了です。

本当だったら、この木崎線と、その先にある天沼線も辿って、
途中経路にある土呂駅を訪れたかったところですが、
この時間から辿ったら、また中途半端な状態で残ってしまいそうなので、
名残惜しいですが、芝川線を頼りに、浦和駅までサイクリングし、帰宅しました。
湯河原方面の鉄塔が一段落したら、「東北本線沿線の鉄塔」も、
各種手を付けたいと思います。
スポンサーサイト

9月30日 子安~川崎 久々市街地鉄塔旅 その2

綱島変電所についたら、
今度は島崎線をたどっていきます。
島崎線1号
綱島変電所の西側から出発してすぐに南下しています。
綱島変電所の向かい側にはJR東海の変電所もあるのですが、
工事の為か表札がありませんでした。
一応、「建設計画のお知らせ」に綱島変電所と書いてあったので、
JR東海も同名の変電所だとみられます。

島崎線4号
島崎線はその後鶴見川を渡り、旭変電所付近で東側に進路を変えます。
旭変電所は、先程たどった旭綱島線のスタート地点、
つまり、追跡ルートがループした状態です。
余談ですが、島崎線も戦前の送電線ルートの流用路線らしく、
歴史が深いみたいです。

島崎線7号
その後、島崎線は丘陵地帯へ進みますが、鉄塔は鋼管型のがっちりとしたものに
変わります。
島崎線なんてたかが20数基程度の送電線なので凸凹地形は短い
・・・なんてタカをくくっておりましたら、意外と足腰にこたえるルートでした。

島崎線14号
10番台も後半に差し掛かるところで平地に降りました。
京南線も健在でした。
しかし、建て替え鉄塔が多かった武蔵野連絡線があっさり消滅した例を考えると、
こちらも心配になってきますね。

島崎線15号
川を結構なスピードで走るカヌーに癒されつつ?
先を目指します。

島崎線17号
その後は市街地を走ります。
以外とJR横須賀線をまたぐ部分で、近くに踏切がなく、
ちょっと迂回しました。
・・・ていうか新鶴見交流変電所の周りを1周近くしたような・・・。

島崎線19号
その後は大体ストレートに鉄塔の近くを進みます。
折角の紅白も建物に阻まれてなかなか高さ表記が分からない場合もありました。
まあ、この鉄塔は62mと見えましたが。

島崎線21号
そして島崎線は川崎変電所に到着

島崎線22号
しかし上2回線は別の鉄塔でつながっています。
最終鉄塔が2つに別れている島崎線はこれでENDです。
では、残りの時間は?

中島線2号
これですね、中島線です。
66kVの古くて小さな鉄塔が市街地を進んでいく、
昭和情緒が色濃く残る送電線です。
つい最近まで「東川崎線」だったことでも知られています。
中島線の旅は変電所の南側からスタートです。

中島線6号
しばらくすると、JR東海道線等をまたいで進んでいきます。
中島線は、変電所付近以外は嵩上げだけで済ませている鉄塔が多いので、
完全建て替えの鉄塔は珍しいです。

中島線9号
中島線は市街地を進みます。
本当に町の中です。鉄塔が窮屈そうです。
丘陵地形であった富士周辺の住宅街と比べても、こちらは平地なので、
「都会の送電線」を余すことなく体感できますね。

中島線12号
なおも住宅街を進みます。
住宅街なのに、何と潜れる鉄塔もあったりしました。
折角なのでしばらく休憩しておりました。

中島線15号
住宅街を通ります。
この辺りは下町風な感じがします。
「下町」っていうと、管理人は葛飾周辺を連想しますが、
あの辺りの送電線は、まだあまり辿っていないので、ちょっとあこがれています。
・・・あこがれるる程度には程遠い程、気軽に行けますがね。

中島線18号
この辺りはマンションと公園があって、「都市部」と言う感じがなおあります。

中島線21号
しかも、懸垂鉄塔は中段の腕金が長いものと短い物があるなど、
若干バリエーションも豊富です。
東川崎線から名称が変更されたのはその先にあった「大師線」が
廃止されたときですから、その時東川崎線が、ついでに全撤去されても
おかしくなかったと思います。
やはり、地中送電線よりコスト面で優れた
架空送電線だから残したのかもしれませんが、
こういった昭和情緒を現代、特に昭和を知らない管理人みたいな世代に
伝えてくれるものの存在は大事にすべきだと思いますね。

中島線24号
そんなことを思いつつ、川崎競馬場横の広場?を通った後、
中島線は中島変電所に取り込まれて終わります。

ではその先は?

川崎競馬場線3号
はい、川崎競馬場線なのです。
現役通電は4号までですが、
その4号鉄塔を支えるためか、4-1号も無通電状態で
残されています。

川崎競馬場線4-1号
高層マンション群を前に途絶える電線・・・なんだか哀愁を感じます。
かつては、すぐ後ろを走る京急大師線の線路上に沿って進んだ後、大師線に合流し、
川崎工業地帯まで門型鉄塔の旅を楽しめたらしいですね。

川崎競馬場線4-1号
4-1号は港町駅のすぐそばでした。
京急大師線は全線地下化予定では?と思ったのですが、後で調べたら
川崎大師駅より西側の地下化は頓挫しつつあるみたいですね。

何はともあれ、駅近ということで、ここで撮影は終了とします。
ちょうど川崎競馬場線で終わったので、課題も残らず、すっきりして良かったです。
引き続き、各地に残る課題送電線の踏破を目指していく所存です。

9月30日 子安~川崎 久々市街地鉄塔旅 その1

9月も末日でしたこの日、
関西遠征以外では久しぶりに市街地の鉄塔を辿りに行きました。
今回は、保土ヶ谷線を抱えている横浜火力北線の撮影を初めとして、
続く送電線をいくつか追跡しました。
ええ、横浜火力北線を撮っていなかったので、保土ヶ谷線もずーっと放置、
つまり課題送電線状態でしたので

子安変電所
京急子安駅から走って、子安変電所から追跡スタートです。
パワーグリッド表記の表札を見てみたら、いつの間にか「子安開閉所」が
追加されていてちょっとびっくりしました。
横浜大黒方面からの地中線に何かあったのでしょうか。

横浜火力北線4号
横浜火力北線をたどっていきます。
一応新横浜までは追跡済みなのですが、辿ったのは
このブログを開設した2010年です。
さすがに都留線の3年を上回る7年も放置していたら、
周りもいろいろ変わってそうですから、
思い切って全区間辿り直してみます。
それにしても、7年前ですでにさびさびだった鉄塔は今もなお塗装されておらず、
可哀そうに見えてしまいます・・・。

横浜火力北線9号
丘陵地帯を走る風景は、7年前とあまり変わらない気がします。
鉄塔の建て替えなども全然されておらず、
どこか素朴な送電風景を、まだ楽しむことができます。

横浜火力北線19号
保土ヶ谷線と合流しますと、鉄塔が一気にきれいになりました。
恐らくですが、ここで管轄が分かれていると思われます。
比較的きれいになった鉄塔を見ると、早く若番側の鉄塔も塗装してあげて・・・、
と思ったりします。
また、電話番号表記もパワーグリッド表記に修正されており、いよいよ
純粋な東京電力表記も本格的に減少に転じているようですね。

横浜火力北線23号
岸根調整所を過ぎると、いよいよ新横浜のビル街沿い区間のスタートです。
ここまで市街地を通る鉄塔は、日本全体で見てもあまりないでしょうから、
知っている風景とはいえワクワクしてしまいます。

横浜火力北線30号
ビル街区間は新鶴見-大船線とも並走してにぎやかです。
土曜日ということもあって、結構周辺は訪れている方が多くいらっしゃいました。

横浜火力北線31号
そして、ここでガクン!と曲がるわけです。
この辺りからは撮影したことがない区間に入っていきます。

横浜火力北線34号
ビル街を過ぎても、しばらくは市街地を通過していきました。
その後、丘を登り、足にこたえるきつい坂を歩いて登り、そして越えていきます。

横浜火力北線40号
こういった若干見下ろしアングルで鉄塔を撮れるのも横浜周辺の特徴でしょうか。
新横浜以外は、目立って建て替えられている箇所もなく、
昭和38年建設の鉄塔の頼もしい姿を楽しみつつ進みました。

横浜火力北線43号
そして、新鶴見-大船線と2回目の交差をする付近では、運動会の真っただ中でした。
そういえばシーズンですね。
ちょうどお遊戯が始まったところで、
元気な子供達と鉄塔を絡めた写真を収めたかったのですが、
部外者が割り込んだら怪しまれそうだったので自重しました。
だって襟シャツ着て帽子被って自転車に乗った男って・・・。

横浜火力北線44号
その後、横浜火力北線はトレッサ横浜の敷地を堂々と通過していますが、
鉄塔も堂々とトレッサに囲まれた状態で立っています。これすごいですね。
丸く囲まれた鉄塔の周りだけジャングル状態みたいで、ある種独特の光景でした。

横浜火力北線46号
そこを過ぎればもう旭変電所はすぐ近くです。
未だに色あせない46号鉄塔を改めて見上げます。
計6回線を支えている76mの変形鉄塔は、いつみても圧巻です。

横浜火力北線48号
そして、横浜火力北線、2本の最終鉄塔も、昔と変わらない姿で
出迎えてくれました。
同時に保土ヶ谷線も1号鉄塔を収めたので、こちらも踏破できました。
さて、課題であった送電線は終わりましたが、
この日の旅はまだ続きます。

旭綱島線1号
鉄構スタートの旭綱島線で、すぐ近くの綱島変電所に向かいます。
両端変電所の名前をそのまま捩った線名は、東京電力に限ると珍しいネーミングだと感じます。
(ほかに思い当たるのが上久屋小松線ぐらいでしょうか)

旭綱島線2号
更に特徴的なのが、島崎線を潜る2号鉄塔だけ
高くできないので古いままと言うことです。
いや、ジャミラ型なだけで実際は新しいのかもしれませんが、
この鉄塔だけスタイルが違うのも目を引きます。

旭綱島線6号
旭綱島線は、その後住宅街を突っ切った後、
鶴見川を渡ります。
形の似ている右隣の相武線と仲が良さそうですね。

横浜火力東線
仲が良さそうと言えば、こちらの横浜火力東線も外せません。
鶴見川横断部分だけ地上に出ていますが、
地中線のプレートは「東」が付いていないのが気になりました。
それにしても、8Lまであると言うことは、
横浜火力線シリーズは計8回線もあるということです。
これが全部地上だったら、横浜火力発電所は、
知多火力発電所みたいに、さぞかしにぎやかになっていたことでしょうね・・・。

旭綱島線6号
旭綱島線は6基の短い旅を終えて、綱島変電所に接続します。
枝線を除けば2路線踏破しましたが、続けて川崎方面の2路線に挑みます。

続く

9月18日 ちょっと足柄で鉄塔を

18日
3連休で唯一天気に恵まれたこの日は、
小田急線撮影と並行して鉄塔も少し撮りに行っていました。
本命のロマンスカー動画は撮れましたが、写真はこちらの方が
撮影枚数が圧倒的に多く、一見するとどちらがメインディッシュなのか
分からないような・・・。

松田線59号
松田駅から松田線をたどってスタートします。
そんなに古くなさそうな鉄塔なのに、どういう訳か昭和2年表記です。
昭和2年は小田急小田原線の開業年なので、その時に開設された
送電線だと分かります。
ある意味、貴重な表示です。

松田線56号
酒匂川を渡ると68mの鉄塔が構えます。
22kV2回線を66kV4回線の鉄塔で支える贅沢仕様ですね。

松田線55号
その後も66kV対応鉄塔で住宅街を進みます。

クレシア開成線16号
そして、工場に接続する別の送電線が見えてきます。
この送電線はクレシア開成線で、
1つ手前の鉄塔で松田線の上段に入った後、
そのままずっと松田線を乗っ取って進んでいきます。

クレシア開成線14号
ここでは松田線からも分岐があります。
一応、22kVの企業向け分岐線ということで、首都圏では珍しい存在ですね。

クレシア開成線13号
駅から離れた場所になってくると、
周辺も畑や田んぼといった長閑な風景になってきます。
川越線にあったようなV吊+耐張碍子装備の鉄塔がここでも見られます。

クレシア開成線10号
道路のそばを一時は並行して、辿りやすい区間が続いたりもしました。

クレシア開成線7号
この先でいったん送電線撮影を中断し、
ロマンスカーを撮ってから戻ったら
結構暗くなってきました。
急がないといけませんね!

クレシア開成線4号
こんな感じの風景が続き、

クレシア開成線1号
何とか1号鉄塔に到着です。
この先は明菓足柄線に合流し、松田線は解放されて南へ進んでいきます。
この日はここまでとし、松田線は次の機会に回して、栢山駅から帰路につきました。

9月9日 真鶴線いよいよ最後の鉄塔と少し二宮-湯河原線

天気に恵まれた9日、
久しぶりに根府川の真鶴線の鉄塔を見に行ってみました。
中断してから2年近くが立ち、工事中だった広域農道が完成して
鉄塔を見ることができるだろうと思いまして、訪問してまいりました。

根府川駅から例のごとく歩きまして、ゴルフ場の北側を走る道路を
目指しました。

真鶴線43号
2年前とあまり変わっていない風景です。
しかし広域農道も、この先は工事が進んでいなさそうで、もしかしたら
まだ入れないのかも・・・、と半ば諦めの気持ちになっていたころ、
目に入ったのは、「通行止」とは書かれていたものの開いていたバリケードでした。
これは入れる!と言うことでお邪魔しました。

真鶴線41号
そして、風景が開けていた先に見えたのは、念願の41・40号鉄塔でした。
撮影を始めて2年以上、やっと真鶴線のすべての鉄塔をカメラに収めることができました。
これで、辿りかけの課題送電線が1つ無くなりました。
次は、隣を並走する二宮-湯河原線ですね!

真鶴線41号
ちなみに、「通行止」なのはあながち嘘ではないようで、
進む先がブルーシートで養生されていました。
造成していたところを保護しているのか工事中に土砂崩れでも
起きたのかはわかりませんが、道路の完成はまだ先になりそうです。
但し、海側から上ってくる道にはつながっていたので、
そこからいったん降りて、二宮-湯河原線も撮りに行きます。

二宮-湯河原線90号
戦前製の鉄塔が結構険しい場所を走っています。
昭和初期だとすでに山谷を飛び越えているような鉄塔が多いですが、
もし大正時代前半とかに建設されていたらどんなルートになったのかが
興味深いです。
猪苗代旧幹線や大雄線みたいに比較的山を避けて
人里に近い場所を通過するのでしょうか。

二宮-湯河原線91号
あと二宮-湯河原線には国鉄の遺産が・・・。

真鶴線38号
二宮-湯河原線をたどっているうちに、真鶴線の鉄塔もちょくちょく見かけます。
晴れているので、撮影済みですがいくつか写真に収めました。

二宮-湯河原線86号
しかし、思ったよりも谷を飛び越えていた二宮-湯河原線も、
途中1基の鉄塔が見つからず、こちらは、再チャレンジする必要がありますね。
広域農道が完成してからの方が追跡しやすくなるかと思いますが、
機会があれば、早めに撮影しても置きたいところです。
課題送電線が残っているすっきりしない状態では、なんか新規の追跡も
開始しずらいので・・・。
ひとまず時間になったので、暗くなる中山を降りて早川駅に向かいました。
プロフィール

プラ太郎

Author:プラ太郎
現在 電機設備メーカー
趣味 鉄道・送電線・トミカ・プラレール・模型

趣味+日常を出来事をつづるブログです。
これからもどんどん続けていきます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
閲覧総数(2017.11.06~)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR